narucchoの日記

趣味のお話をさせていただきます。初心者に毛の生えた程度ですが・・。

MENU

フロートボート用の船首自作(2号機)その1

ども。

 

以前のブログでフロートボートを持っていることを

書いたと思うんですが、

 

hobbiesdom.hatenablog.com

 少し前の出艇の時に、私の不注意で自作した船首が

パキッと割れちゃったので、作り直そうとしています。

 

船首の部分は、有名なミニボートの専門店で売ってるんですが、

値段のこともありますし、私自身が自作するのが好きなので

作っております。

FRPで作るのは手間と材料費も結構かかるので、私の場合は

発泡の板材を使っています。

 

f:id:naruccho:20210304010359j:plain

こんな材料です。

ホームセンターで売っている500か600円程度の物を買ってきて

切って、穴を開けて、貼ってと言った具合です。

f:id:naruccho:20210304010414j:plain

f:id:naruccho:20210304010408j:plain

まぁなんと「自作感」が半端ないですw

私的には、この自作感やチープ感が面白いように思えてw

しかも、材料に「23センチ」と直接、油性ペンで書いておりますw

もちろん、23センチは残したまま完成させます。

先程の商品のラベルの板一枚で、2枚分が完成するので

非常にローコストで完成できますw

しかも、この素材は 水に浮きますので多少なりと浮力が稼げますね。

とりあえずまだ作り終えてないので、出来た際はまたこちらに

載せますね。

以前割ってしまった初号機も自作感が凄かったんですが、

今回もそこは踏襲します(笑)

正直言いますと、FRPでイチから作っても良かったんですが、

性格的に「船に乗って釣りをする」ことよりも「作ること」のほうに

力を入れそうになると思いますので、

何ヶ月か乗れなくなると思うんですよね。

私のことですから「角度がどう」とか「表面の平滑さ」などなどに

とんでもなく熱意を注ぐと思うので、ストップをかけていたりします(笑)

 

と、いろいろと書いてしまいましたが、もう少しで「THE 自作船首」は

もうすぐ出来ますので、その際はこちらに載せますね。

そのときは、船首を支えている骨組みの部分も載せようかなぁと

思っています。

こちらは、結構手間をかけて作ったので結構好きな感じなんですよね。

ステンレスのパイプを切って、イレクターのジョイントに

合うように作り替えた感じです。

海に出るので、スチールのイレクターパイプですと、サビが出ますので

ステンレスで作った次第です。

 

フロートボートという、ちょっとマニアックな船なので

注目はされにくいとは思いますが、またちょくちょく

書いていきますので よろしければご覧ください。

では。